カテゴリー: 表現の方法から遺言をしる

相続の負担付遺贈と跡継ぎ遺贈

相続の後継ぎ遺贈について民法は何ら定めていないので、この形態の遺贈が認められるかどうかについて解釈が定まっていません。

負担付遺贈・・・・・遺贈者(送る人)が受遺者(受ける人)に対して、もらう代わりに義務を負担するよう求める場合を指します。受遺者は遺贈の目的の価値を超えない限度においてのみ、負担した義務を履行しなければならないとされています(1002条1項)。
“相続の負担付遺贈と跡継ぎ遺贈”の詳細は »

相続における遺言執行者の報酬等

相続では、遺言執行者が死亡などしていた場合は、家庭裁判所に遺言執行者選任を請求することができますよ

遺言執行者の報酬は遺言で遺言者と遺言執行者間で定めておくことができます。相続開始後、遺言執行者と相続人間で相談するか、家庭裁判所で定めてもらいます。
“相続における遺言執行者の報酬等”の詳細は »