タグ: 種類

期間を経ても相続の話し合いがつかないとき

相続では、実際は家庭裁判所がまずは調停に回してしまうことも多いそうです

相続人は話し合いで相続の解決をし、分割を促すことができます。
しかし話し合いが上手くいかないことも事実です。
その場合は家庭裁判所に持ち込んで調停からはじまり調停でも決着がつかない場合は、審判(裁判)に持ち込むことができます。
“期間を経ても相続の話し合いがつかないとき”の詳細は »