不動産の相続を登記して自分の権利を確定する

登記手続きをするまでの間に話し合いがまとまってしまえば不動産を分割する相続人だけで相続の登記をすれば完成しますよ

相続人は相続を開始してから3カ月経過すると自動的に法律の定めた割合で相続がなされてしまいます。名義の上で被相続人の名前が記載されていたとしてもすでに相続人の財産になっているとされるのです。


“不動産の相続を登記して自分の権利を確定する”の詳細は »

孫の相続の場合は普通と異なることがある

子供が相続人としてそろっていれば子だけが相続人となり、子供がない時には代襲で孫、ひ孫の順番になります

孫や子供が何人いたとしても、妻の相続分が2分の1であることに変わりはありません。ただし、子供や孫(ひ孫)が何人もいるとき皆彼らが相続人になるかというとそうではありません。
“孫の相続の場合は普通と異なることがある”の詳細は »

相続できる人とできない人の境目のきまり

被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者は相続人となることができない。

相続法での特別な規定は胎児についての記載です。
相続法に関する限り、胎児もすでに生まれている子と同様に扱われます。(死産を除く)
また本来相続人になるはずの人であっても一定の事情によっては相続人から外されます

これを相続欠格と呼びます。
“相続できる人とできない人の境目のきまり”の詳細は »

最新の記事 »