相続した不動産の名義変更って放置されてることが多々あります

相続手続きには多々煩雑な手続きがありますが、一番最後まで残してしまうことが多いのが不動産名義変更です。不動産の所有者を変えるためには、こまごまとした書類がたくさん必要です。

何より、相続人全員に「この人がこの不動産を相続することを認めますよ」という印鑑を押してもらわなければなりません。
 さらに、登録免許税という費用がかかるのです。これが、意外にばかになりません。
多くの場合は、司法書士など専門家に依頼することが多いのですが、そうすればさらに費用がかかります。
 これらの煩雑さや費用の高さを嫌って、名義変更しないまま放っておく人も居ます。

実は、不動産の名義変更については、相続人に手続きをする義務はないのです。
ですから、絶対に何日以内にやらなければといった決まりもありません。

しかし、名義変更しなければ、誰がその不動産を相続したのか、周りの人にはわかりません。いざ土地を売ろうとしても、名義が違うのですから、相続人は売る事ができないわけです。借金の担保にもできません。

さらに、もし相続人が相続した不動産の名義を変更しないうちに亡くなってしまったら、これがまた厄介なことになります。
相続したといっても、遺産分割協議書などで相続人の合意がないままであった場合、先の遺産分割も終わっていないことになり、先の相続人を含めた全員が利害関係者になります。
人が増えれば、揉める火種も増えます。実際、人数が多いほど意見はまとまりません。

そのほかにも、名義変更しないまま長年放置すると、いざ変更しようとしたとき必要な書類がそろわなかったり、手続きが余計に面倒になったり、そのため費用が余計にかさんだりすることもあります。
多少費用がかかっても、放置しないほうが、のちのちのためです。

«
»