期間を経ても相続の話し合いがつかないとき

相続人は話し合いで相続の解決をし、分割を促すことができます。
しかし話し合いが上手くいかないことも事実です。
その場合は家庭裁判所に持ち込んで調停からはじまり調停でも決着がつかない場合は、審判(裁判)に持ち込むことができます。

家庭裁判所に請求するには、はじめに調停の申し立てをするのですが、もし調停では無理だとあらかじめわかってしまっていれば直接審判の申し込みも可能です。
しかし実際は家庭裁判所がまずは調停に回してしまうことも多いといいます。

以下調停から審判の内容を概略でまとめておきましょう。
(調停)
裁判官1名調停員2名以上

これらで組織される調停委員会が調停にあたります。
できる限り和やかな話し合いが行われるようになっていますが、当事者間での話し合い等が成立しない場合は調停不成立となり、事件は審判の手続きに移されます。

逆に合意がなされた場合は調停調書が作成されてその旨が記載され、判決と同じ効力を持ちます。

(審判=裁判)
審判に回された場合は、相続人や遺産の範囲を確定し、遺産の評価や財産の種類、各相続人の職業や、性質などの諸事情を考慮して遺産を分割するための審判が行われます。

遺産相続の相談に横浜から対応中だ
家族に認知症のひとがいるのなら、遺言を残しておこう。相続の時、認知症の人は遺産分割協議をできないので、
遺族はこまるのです。
www.souzoku-shien.net/legacy

«
»
 

トラックバックURL