カテゴリー: 全員で遺産のことを話し合う

被相続人の財産とはなんでしょうか

お墓や美術品・骨董品等は相続財産となるのでしょうか。まず、お墓や位牌、仏壇等は相続財産には含まれません。その家の祭祀を引き継ぐ者が引き受けることになります。 美術品や骨董品等は、原則として相続財産に含まれます。

相続は、死亡のときから開始します。では、相続の対象となる財産とは何でしょうか。
相続の対象となる財産を相続財産とよびますが、これには、金銭、預貯金、不動産、
“被相続人の財産とはなんでしょうか”の詳細は »

相続した不動産の名義変更って放置されてることが多々あります

名義変更しないまま長年放置すると、いざ変更しようとしたとき必要な書類がそろわなかったり、手続きが余計に面倒になったり、そのため費用が余計にかさんだりすることもあります

相続手続きには多々煩雑な手続きがありますが、一番最後まで残してしまうことが多いのが不動産名義変更です。不動産の所有者を変えるためには、こまごまとした書類がたくさん必要です。
“相続した不動産の名義変更って放置されてることが多々あります”の詳細は »

期間を経ても相続の話し合いがつかないとき

相続では、実際は家庭裁判所がまずは調停に回してしまうことも多いそうです

相続人は話し合いで相続の解決をし、分割を促すことができます。
しかし話し合いが上手くいかないことも事実です。
その場合は家庭裁判所に持ち込んで調停からはじまり調停でも決着がつかない場合は、審判(裁判)に持ち込むことができます。
“期間を経ても相続の話し合いがつかないとき”の詳細は »

不動産の相続を登記して自分の権利を確定する

登記手続きをするまでの間に話し合いがまとまってしまえば不動産を分割する相続人だけで相続の登記をすれば完成しますよ

相続人は相続を開始してから3カ月経過すると自動的に法律の定めた割合で相続がなされてしまいます。名義の上で被相続人の名前が記載されていたとしてもすでに相続人の財産になっているとされるのです。


“不動産の相続を登記して自分の権利を確定する”の詳細は »