港で名を馳せる横浜の債務整理のプロ

割賦購入あっせんとは、いわゆるクレジット契約のことです。消費者が商品等を購入した際に、
信販会社が消費者に代わって販売業者に代金を一括して支払い(立替払い)、消費者は信販会社に対して分割代金+手数料を支払います。販売業者 ⇔ 消費者  売買契約信販会社 ⇔ 消費者  立替払い契約販売会社 ⇔ 信販会社  加盟店契約支払い停止の抗弁権とは・・・・・法形式的には売買契約と立替払い契約は別個のものです。クレジットを利用したことにより商品等を購入した消費者が、販売業者との間で生じたトラブルを理由に、信販会社に対して代金の支払いを拒絶することができる権利が割賦販売法により認められています。これを支払停止の抗弁権と呼びます。商品等を購入した消費者が信販会社に対して抗弁権を主張するためには・・・・・・・・・・・・・・・・1:指定商品・権利・サービスであること2ヶ月以上の期間に渡り、かつ、3回以上の分割払いであること2: 支払総額が4万円以上であること※リボルビング方式にあっては3万8千円以上契約者にとって、商行為にならないこと※特商法で規制されている※ リボルビング方式とは?・・・・・・・・・・・・毎月の返済金額を一定にして計画的な返済を行う方式。

定額リボ払い(毎月5000円支払うなど)、定率リボ払い(毎月残高の5%を支払うなど)などがある。分割払いとの大きな違いは、分割払いは返済回数を決め、その回数分返済を続けると返済が終了しますが、リボ払いでは返済回数を決めずに毎月一定の返済額を支払っていくことになるというのがポイントです。

債務整理は安心、的確なプロにお任せ
定額リボ払いと分割払いとの大きな違いは、分割払いは返済回数を決め、その回数分返済を続けると返済が終了しますが、リボ払いでは返済回数を決めずに毎月一定の返済額を支払っていくことになるというのがポイントです。
元金がなかなか減らず、債務整理の原因の一つでもあります。
www.amis-y.com/