専門的に言えば相続には3つの方法がある

単純承認・・・・・・・・手続き不要の承認。
すべての財産と負債を引き継ぐもの。一部でも財産を使ってしまったり
打ってしまったりした場合は限定承認とみなされます。
限定承認・・・・・・・・相続財産の範囲内で負債を支払いする。
財産より債務が多い場合、債務の金額がわからない場合法定相続人の
全員が3カ月以内に家庭裁判所に申し出る。
相続放棄・・・・・・・・財産や負債もいっさい引き継がない。
相続人は単独で放棄することができます。
相続開始から、3カ月以内に家庭裁判所に申し出る。
(相続の承認又は放棄をすべき期間)
915条 1項 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
2項 相続人は、相続の承認又は放棄をする前に、相続財産の調査をすることができる。
916条 相続人が相続の承認又は放棄をしないで死亡したときは、前条第1項の期間は、その者の相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から起算する。
917条 相続人が未成年者又は成年被後見人であるときは、第915条第1項の期間は、その法定代理人が未成年者又は成年被後見人のために相続の開始があったことを知った時から起算する。
(相続の承認及び放棄の撤回及び取消し)
919条 1項 相続の承認及び放棄は、第915条第1項の期間内でも、撤回することができない。

«
»
 

トラックバックURL