カテゴリー: いざ自分ごとになった時に備えての相続

相続廃除と相続欠格はまったく違う手続きが必要です

相続欠格の場合は、特別な手続がなくても相続権を失います。相続欠格は、遺言よりも強い効力があります。

相続欠格ほどの理由がない場合でも、被相続人の意思によって相続権を奪う
“相続廃除と相続欠格はまったく違う手続きが必要です”の詳細は »

相続における貸付事業用の宅地等のことです

相続において、土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。  土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。

(1) 土地土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。
“相続における貸付事業用の宅地等のことです”の詳細は »

専門的に言えば相続には3つの方法がある

相続ですべての財産と負債を引き継ぐもの。一部でも財産を使ってしまったり打ってしまったりした場合は限定承認とみなされます。

単純承認・・・・・・・・手続き不要の承認。
すべての財産と負債を引き継ぐもの。一部でも財産を使ってしまったり
打ってしまったりした場合は限定承認とみなされます。
“専門的に言えば相続には3つの方法がある”の詳細は »

不利益をこうむる人の相続の遺留分を考慮する

相続の遺言だけではなく遺留分の計算にあたっては生前の贈与も考慮されます。

遺留分とは、相続人に保証された、最低限の取り分の事です。
遺留分が問題になる場合には、上記の例のように遺言による「遺贈」
「相続分の指定」を行なった場合・・・・・・・・
“不利益をこうむる人の相続の遺留分を考慮する”の詳細は »

本来権利を持つ人に相続させない方法がある

手順としては、被相続人の請求によって家庭裁判所が行うこととなっていますよ

親子の縁を切っていたり、よく勘当息子といって財産の相続をさせないというような話を聞いたことがあると思います。今の法律では、このような制度を認めておらずどのように悪い親子関係であっても、子供が孝行息子(娘)でなくても法律上は親子の縁を絶つことはできません。


“本来権利を持つ人に相続させない方法がある”の詳細は »

孫の相続の場合は普通と異なることがある

子供が相続人としてそろっていれば子だけが相続人となり、子供がない時には代襲で孫、ひ孫の順番になります

孫や子供が何人いたとしても、妻の相続分が2分の1であることに変わりはありません。ただし、子供や孫(ひ孫)が何人もいるとき皆彼らが相続人になるかというとそうではありません。
“孫の相続の場合は普通と異なることがある”の詳細は »

相続できる人とできない人の境目のきまり

被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者は相続人となることができない。

相続法での特別な規定は胎児についての記載です。
相続法に関する限り、胎児もすでに生まれている子と同様に扱われます。(死産を除く)
また本来相続人になるはずの人であっても一定の事情によっては相続人から外されます

これを相続欠格と呼びます。
“相続できる人とできない人の境目のきまり”の詳細は »