相続廃除と相続欠格はまったく違う手続きが必要です

相続欠格の場合は、特別な手続がなくても相続権を失います。相続欠格は、遺言よりも強い効力があります。

相続欠格ほどの理由がない場合でも、被相続人の意思によって相続権を奪う
“相続廃除と相続欠格はまったく違う手続きが必要です”の詳細は »

被相続人の財産とはなんでしょうか

お墓や美術品・骨董品等は相続財産となるのでしょうか。まず、お墓や位牌、仏壇等は相続財産には含まれません。その家の祭祀を引き継ぐ者が引き受けることになります。 美術品や骨董品等は、原則として相続財産に含まれます。

相続は、死亡のときから開始します。では、相続の対象となる財産とは何でしょうか。
相続の対象となる財産を相続財産とよびますが、これには、金銭、預貯金、不動産、
“被相続人の財産とはなんでしょうか”の詳細は »

相続した不動産の名義変更って放置されてることが多々あります

名義変更しないまま長年放置すると、いざ変更しようとしたとき必要な書類がそろわなかったり、手続きが余計に面倒になったり、そのため費用が余計にかさんだりすることもあります

相続手続きには多々煩雑な手続きがありますが、一番最後まで残してしまうことが多いのが不動産名義変更です。不動産の所有者を変えるためには、こまごまとした書類がたくさん必要です。
“相続した不動産の名義変更って放置されてることが多々あります”の詳細は »

相続における貸付事業用の宅地等のことです

相続において、土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。  土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。

(1) 土地土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。
“相続における貸付事業用の宅地等のことです”の詳細は »

相続の負担付遺贈と跡継ぎ遺贈

相続の後継ぎ遺贈について民法は何ら定めていないので、この形態の遺贈が認められるかどうかについて解釈が定まっていません。

負担付遺贈・・・・・遺贈者(送る人)が受遺者(受ける人)に対して、もらう代わりに義務を負担するよう求める場合を指します。受遺者は遺贈の目的の価値を超えない限度においてのみ、負担した義務を履行しなければならないとされています(1002条1項)。
“相続の負担付遺贈と跡継ぎ遺贈”の詳細は »

専門的に言えば相続には3つの方法がある

相続ですべての財産と負債を引き継ぐもの。一部でも財産を使ってしまったり打ってしまったりした場合は限定承認とみなされます。

単純承認・・・・・・・・手続き不要の承認。
すべての財産と負債を引き継ぐもの。一部でも財産を使ってしまったり
打ってしまったりした場合は限定承認とみなされます。
“専門的に言えば相続には3つの方法がある”の詳細は »

不利益をこうむる人の相続の遺留分を考慮する

相続の遺言だけではなく遺留分の計算にあたっては生前の贈与も考慮されます。

遺留分とは、相続人に保証された、最低限の取り分の事です。
遺留分が問題になる場合には、上記の例のように遺言による「遺贈」
「相続分の指定」を行なった場合・・・・・・・・
“不利益をこうむる人の相続の遺留分を考慮する”の詳細は »

相続における遺言執行者の報酬等

相続では、遺言執行者が死亡などしていた場合は、家庭裁判所に遺言執行者選任を請求することができますよ

遺言執行者の報酬は遺言で遺言者と遺言執行者間で定めておくことができます。相続開始後、遺言執行者と相続人間で相談するか、家庭裁判所で定めてもらいます。
“相続における遺言執行者の報酬等”の詳細は »

期間を経ても相続の話し合いがつかないとき

相続では、実際は家庭裁判所がまずは調停に回してしまうことも多いそうです

相続人は話し合いで相続の解決をし、分割を促すことができます。
しかし話し合いが上手くいかないことも事実です。
その場合は家庭裁判所に持ち込んで調停からはじまり調停でも決着がつかない場合は、審判(裁判)に持ち込むことができます。
“期間を経ても相続の話し合いがつかないとき”の詳細は »

本来権利を持つ人に相続させない方法がある

手順としては、被相続人の請求によって家庭裁判所が行うこととなっていますよ

親子の縁を切っていたり、よく勘当息子といって財産の相続をさせないというような話を聞いたことがあると思います。今の法律では、このような制度を認めておらずどのように悪い親子関係であっても、子供が孝行息子(娘)でなくても法律上は親子の縁を絶つことはできません。


“本来権利を持つ人に相続させない方法がある”の詳細は »

« 過去の記事